TOP >  ANAマイレージクラブのポイント


宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

ANAマイレージにはどのANAカードを選ぶか?

ANAマイレージのマイルをクレジットカード利用で貯める場合、ANAカードを選ぶのが基本です。
ANAカードは年会費有料ですが、100円の利用で1マイル分のポイントが貯まります。
またANAマイレージカード以外のクレジットカードよりもマイル移行費用が安く設定されています。

年に30万円以上のカード利用する人なら、ANAカードを持つことをオススメします。
ただし、カード利用が年30万円未満の場合、カードの年会費を考えると、他の年会費無料のクレジットカードの方がよい場合がありますので、よく考えてみてください。

ANAカードの中でANAマイレージに特に有利なのは、ANA JCBカードと三井住友カード株式会社の ANA VISAカード
です。
前者は、 CMサイトやmpack(エムパック) のポイントを、カードのポイント経由でANAマイレージのマイルに移行できるという特長があります。
後者は、他社からの移行ポイントを直接的にANAマイレージのマイルに移行することはできませんが、支払方法を「マイ・ペイすリボ」にし、年に1回以上のカード利用があれば、年会費が値引きされるというメリットがあります。
たとえば「ANA VISA 一般カード」の場合、年会費は 2100円ですが、値引で年会費
1076円になります。
毎年、ボーナスマイルとして1000マイル付与されるので、実質的には年会費無料に近いですね。


関連エントリー

ANAマイレージの今イチなところ   ANAマイレージにはどのANAカードを選ぶか?   ANAマイレージにはEdy(エディ)も重要