宿探しなら「JTB旅館・ホテル予約」

ANAマイレージクラブでマイルをためてポイント交換でウハウハ生活について

ANAマイレージクラブはANAのマイルをためる会員クラブです。マイルをポイント交換して、ウハウハ生活しましょう。クレジットカードやエディを使うと効果的ですよ。

ANAマイレージクラブでマイルをためてポイント交換でウハウハ生活新着エントリー

ANAマイレージの良いところ

ANAマイレージとは、ANA(全日空)が行ってるマイレージサービスで、ANAの飛行機を利用するとマイルがたまり、航空券などと交換できます。また、飛行機利用だけでなく、ショッピングや各種サービスを利用することでもマイルがたまりますので、ANAマイレージを上手に利用すればかなりのお得なサービスとなります。

ANAマイレージのマイルを貯めるためには、基本は「客としてANAの飛行機に搭乗すること」なんですが、クレジットカードやポイントサイトを利用してもマイルを貯めることが出来ます。

ANAマイレージの場合、他の航空会社のマイレージに比べ、クレジットカードやポイントサイトを利用してマイルを貯めやすいのがメリットです。
ただし、 JALマイレージもマイルは貯めやすく、ANAマイレージとJALマイレージのマイルを並行して貯めることも考えられます。

ANAマイレージのマイルは Edyに交換することもメリットの一つです。
交換レートはあまり良くないですが、ANAマイレージを特典航空券に交換しても利用する時間がない場合などには、Edyに交換できるのは便利ですね。

ANAマイレージの今イチなところ

一般的に ANAマイレージは以下の3点があまり良くないと言われています。
@マイルに有効期限がある。
Aマイルの譲渡制限がある。
B特典航空券を利用しにくい。
ANAマイレージのマイルの有効期限については、マイルが貯まりやすいので、カード利用金額が多い人やANA飛行機を利用する機会が多い人はあまり問題にならないでしょう。

マイルを他人に譲渡できないのは、人によっては欠点になりますが、自分で利用するという人には問題がないでしょう。
特典航空券を利用しての予約が取りにくいというのが最大の問題かもしれません。
これらのANAマイレージの欠点に不満がある人は、他社マイレージを利用する方が良いでしょう。

ANAマイレージにはどのANAカードを選ぶか?

ANAマイレージのマイルをクレジットカード利用で貯める場合、ANAカードを選ぶのが基本です。
ANAカードは年会費有料ですが、100円の利用で1マイル分のポイントが貯まります。
またANAマイレージカード以外のクレジットカードよりもマイル移行費用が安く設定されています。

年に30万円以上のカード利用する人なら、ANAカードを持つことをオススメします。
ただし、カード利用が年30万円未満の場合、カードの年会費を考えると、他の年会費無料のクレジットカードの方がよい場合がありますので、よく考えてみてください。

ANAカードの中でANAマイレージに特に有利なのは、ANA JCBカードと三井住友カード株式会社の ANA VISAカード
です。
前者は、 CMサイトやmpack(エムパック) のポイントを、カードのポイント経由でANAマイレージのマイルに移行できるという特長があります。
後者は、他社からの移行ポイントを直接的にANAマイレージのマイルに移行することはできませんが、支払方法を「マイ・ペイすリボ」にし、年に1回以上のカード利用があれば、年会費が値引きされるというメリットがあります。
たとえば「ANA VISA 一般カード」の場合、年会費は 2100円ですが、値引で年会費
1076円になります。
毎年、ボーナスマイルとして1000マイル付与されるので、実質的には年会費無料に近いですね。

ANAマイレージにはEdy(エディ)も重要

ANAマイレージのマイルを貯める上で役に立つのが、電子マネー「Edy」 です。
サークルKなどでのショッピングでEdy機能付ANAマイレージクラブカードを使用して支払えば、1回の利用金額200円につき
1マイル貯まります。
Edyの最大のメリットは、クレジットカードでのEdyチャージ(入金)でクレジットカードのポイントがたまることです。
「クレジットカードで Edyチャージして、Edyで支払う」ことにより、クレジットカードのポイントと
Edy利用マイルの両方を獲得できます。
簡単に言えば、「クレジットカードの利用代金をEdyで支払う」手法です。
クレジットカードと一体になっているEdyに対しては、基本的には他のクレジットカードからチャージできません。
なので、Edy機能付ANAマイレージクラブカードに申し込んでおきましょう。
クレジットカードから Edyチャージするためには、パソリが必要です。
パソリを無料で入手する方法としては、クレジットカード申込など、何らかのキャンペーンで無料入手するのが最も普通です。


<リンク> 介護施設 老人ホーム 老人保健施設 グループホーム デイケア